ペットが亡くなったら|病気かもと思ったら動物病院へ|犬の皮膚病はとても厄介
ドッグと家族

病気かもと思ったら動物病院へ|犬の皮膚病はとても厄介

ペットが亡くなったら

骨壺と写真

業者の選び方

近年、さまざまなサービス内容で急成長しているのがペット葬儀業界です。短期間のうちに、ペット葬儀のサービスを提供する業者は急増しました。ペットをきちんと弔いたいと考える飼い主からしたら、ありがたいことでしょう。しかし、質の良くないサービスを提供しているペット葬儀業者も存在するので気をつけることです。そう言う業者を選ばないようにするためにはどうすればいいかを知っておきましょう。まず、複数のペット葬儀業者から見積もりをとることです。これは基本中の基本で、相場も分かりますし丁寧に対応してくれるかどうかも分かります。また、まわりにペット葬儀業者を利用したことがある人がいたら、色々質問してみるのもいいでしょう。

家族だけで

ペット葬儀のサービスが手厚くなってきたことで、利用者は年々増えています。しっかり弔うことで、ペットの死を受け入れやすくなると言うのがメリットの一つです。しかし、ペット葬儀は必ずしも業者に依頼しなくてはいけないと言うわけではありません。家族だけで供養してもOKです。どう供養するか決まりはないですが、ペットの写真を用意し、家族全員で手を合わせると言うだけでも十分です。線香をあげてもいいでしょう。心込めて弔えば、スタイルにこだわる必要はないです。また、条例で規制されていなければ、所有地に埋葬してもいいでしょう。いつもそばにいると言う安心感が得られます。ただし、隣の家に近い場所に埋葬するのは避けましょう。