家族と同じ存在|病気かもと思ったら動物病院へ|犬の皮膚病はとても厄介
ドッグと家族

病気かもと思ったら動物病院へ|犬の皮膚病はとても厄介

家族と同じ存在

骨壺

幅広い動物に対応

ペット供養は、近年では人間のお葬式と変わらないほど立派なものになりました。大阪でのペット火葬は、専門業者に任せることが一般的で、その様式は本当にさまざまです。また、大阪では、イヌやネコに加えハムスター・小鳥・カメレオンなどの小動物にも対応できるペット火葬業者が存在します。また、大阪のペット霊園は、四季折々に花や木々が表情を変える森林に囲まれた場所にあり、利用する方も年々増加傾向にあります。家族の一員として大切な存在であることからペット火葬は、人間のお葬式となんら変わらい程の立派な冠婚葬祭であると言えます。火葬方法は、業者に任せる他、地方自治体に引き取っていただくというケースもまれに見受けられます。

ペットを家で安置する

ペットを式場まで連れて行く前日は、自宅で安置する方法が一般的です。家でペットを保管する場合、大きめの段ボールにタオルを敷き、ペットを入れます。そして、日光が当たらない風通しの良い場所に置くことがポイントです。この方法により、ペット火葬業者に受け渡すまでの間、ペットの体は傷むことがありません。大阪では、ペット火葬の方法は2点あります。1点目は専用の火葬車があり、火葬車の中でペットを火葬する方法です。火葬中は、無煙無臭で、ダイオキシンなどのガスの心配も一切ありません。2点目は火葬炉で火葬する方法です。特に小鳥やハムスターを火葬する場合は、お骨がきちんと残るようにレンガを積み、低温で行う工夫がされています。